借金の主な2つの理由

借金には、大きく分けて二種類あります。

一つは、収入がなく、生活が苦しくて、やむを得ず借金をするケースです。これは、どんなに節約しても借金をするはめになり、仕事を見つけるか生活保護を受けるまで借金生活となります。最近は、大学生も多いです。仕送りが減った現在、アルバイトをしても足りず、借金をするケースも多いです。

二つ目は、ある事にはまってしまい、借金をするケースです。例えば、キャバクラ通いとか風俗通いです。他にもパチンコや競輪、競馬等のギャンブルがあります。また欲しい服を買ったり、ブランド品購入による借金もあります。

これらは、借金をする必要がなく、ガマンすれば借金を防ぐことができたはずです。私のケースも後者でした。キャバクラで働きながら、月収40万から50万円ほどもらっていました。デザイナーズマンションに住み、ルイ・ヴィトンやシャネル等のアクセサリー、外食等をしても借金とは無縁の生活でした。

しかし、ある事を境に借金生活へと転落してしまいます。それは、ホストクラブへ行ったことが、きっかけでした。友達に誘われて、何気なく行ったのですが、そこであるホストと知り合い、貢ぐようになってしまいました。

彼から電話やラインがあると。ホストクラブへ行き、彼の順位を上げるため、シャンパンを注文しました。月に100万円ぐらい使ったと思います。

最初は、貯金を崩しましたが、やがてクレジットカードの返済に困るようになり、消費者金融から借りました。借りた金を別のところから借りた金で返すようになり、次第に借金は膨れ上がり、300万円ほどになりました。

返済が滞ると、取り立てからの電話だけでなく、家にも来るようになり、追われているような状況になりました。風俗で働いて返せと言われましたが、親に相談して、自己破産の道を選びました。弁護士さんと協議中と言うと、電話や訪問もなくなり、やっと平穏な生活に戻ることができました。

自己破産後は、クレジットカードを持つことも出来ませんし、色々と不便です。借金が必ずしもいけないことだとは思いませんが、感覚が麻痺してくるため、やはり、借金はしないほうがいいと思います。

借金は、自己節制が出来る人でないと、身を滅ぼすことに繋がりかねません。

アディーレ法律事務所ってどうという方はこちら。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です